マニ・機関銃と功徳の話

 

私の兄は個性的な中学生だったので、修学旅行の前日に唐突に剃髪したり、マニ車を買ってきて回しながら勉強したりしていた。彼はそのまますくすく健康だったり健康じゃなかったりしながらも育ち、31歳の今、出家するでもなく普通の会社員として生活している。ちなみに実家は信仰が特別厚いわけでもなく、適当な葬式仏教の檀家である。なぜ男子中学生が唐突に仏門(しかもチベット仏教)に目覚めたのかはさっぱりわからない。20年前の男子中学生の間ではチベット仏教が流行っていたのだろうか。

 

さて、マニ車である。

マニ車というのは中に経(マニ経)が入れられており、それをくるくると回すと回した回数だけ経典を読んだことになるというチベット仏教の仏具である。経典を読めば読むほど徳を積むことができるので、多く回すほど徳が積めるというとても便利なグッズだ。一般的には手で回すものが多いが(兄が使っていたマニ車は手回し式だった)、中には水力・風力・火力(行燈の熱で回転する紙製のものの場合)で回転させるものもあるそうだ。つまり己の腕力で回さずとも所有者・利用者は功徳を積むことができる。これほど便利なものはない。

このように、人力でなくても功徳を積むことができるマニ車である。ならば回転体にマニ経を仕込めばそれは立派なマニ車になるのである。たとえば車の車軸はどうだろう。高速で回転するものなので、効率よく功徳を積むことができる。また、車軸とタイヤの2か所にマニ車を仕込むと、回転速度が等しいと仮定した場合、功徳をNとおくとNの2乗の功徳を積むことができるのである。さらに車軸の両端にタイヤがついているので、Nの2乗×2の功徳を積むことができる。功徳はべき乗で増えるのか、単純に加算法で増えるのかは正直よくわからないが、べき乗で増えたほうが効率がいいのでべき乗で増えてもらうことにする。

ところで、車以外にもこの世には回転体がたくさんある。その中には「徳は積めないだろう」というもの、つまり仏教的にはアウトな道具もある。多くの宗教がそうであるように仏教にもタブーがあるわけだが、仏教が殺生を禁じているのは信仰心のかけらもなくこんなブログ記事を書いている私でも知っている。禁忌を破る、つまり殺生をするための道具、それは武器だ。武器にはたくさんの種類があるが、ここで問題にしたいのは回転効率のよさだ。とにかく速く回転して、ついでに回転する部分が複数あるものがいい。その回転する部分もそれぞれが独立していては徳のべき乗(あるいは加算法)ができないので、連続した機関として回転体がつながっているものがいい。それはなにか。機関銃だ。他にもあるだろうけれど、私は正直武器にはあまり興味がないため詳しいことはよくわからない。けれど機関銃はよく回るということは知っている。Youtubeで見た。

機関銃は連続して弾丸を射出することで殺傷力を向上させている。機関銃には様々な種類があるが私はミリタリーオタクではないため正直何が何なのかわからない。ここでは機関銃をガトリング砲だとして話を進めていこう。

ガトリング砲は砲軸に複数の砲身を並べ、それらを回転させながら弾丸を射出する機関銃である。つまり回転するのである。回転するところにマニ経あり、つまりガトリング砲をマニ車にすることは、一応可能なのだ。

ちなみにガトリング砲の砲身部が回転するのは外部動力(人力、モーターなど)によるものなので、マニ車の動力源と一致する。さらにライフリング(砲身の中にあるらせん状の溝。弾丸に旋回運動を与えることで安定させ直進性を高める)があるので、弾丸に旋回運動が加わる。外部動力によって回転する砲身、そしてライフリングによって旋回する弾丸、2つの回転運動が連続することになる。徳のべき乗!

ただしライフリングの回転を加味したい場合は弾丸一つ一つにマニ経を納めておかなければならないため、その手間は計り知れないものになる。砲軸に複数の回転部分がある場合は、砲身部分の部品にマニ教を仕込むことでその手間を省くことができるのだが、残念ながらガトリング砲の詳しい図面や機構を調べることができなかった。詳しい方教えてください。

なお、ここまでして功徳を必死になって積んでどうなるかというと、仏からのよい報いがあるかもしれない!程度ある。どうにもふわっとしている。ラッキーなことがあったらそれは仏からのご利益だぜ!ということなんだろうけれど、イマイチよくわからない。T(徳)カードでポイントをためてご利益を受けよう!というカンジだろうか。ここでいうご利益とは現金的に使えるポイントである。

ところで、マニ経を納めるためにはマニ経と回転する物体があるだけでは不十分で、徳の高い高僧に入魂の儀式をしてもらう必要があるらしい。果たして機関銃や銃弾に入魂の儀式をしてくれるような生臭高僧がいるだろうか。

 

ここまで書いて賢者モードになったのでもうやめます。読んでくれてありがとう。